家財宅急便

 

1番お得な大型家具の配送方法

家財宅急便

家財 宅配便

家財 送る

家財 配送

 

家財宅急便をご存知ですか?
クロネコヤマトさんが行っている、大きな家財を運んでくれるサービスです。

 

遠方に住む知り合いに冷蔵庫をあげたいなど、大きなものを1品だけ運ぶのに便利なサービスです。

 

でも引越しのときに、冷蔵庫を運んで欲しいとかソファーを運んで欲しい場合には割高になります。
たとえ大きな家財が冷蔵庫1品だけでも引越し業者が運んでくれますので、一括見積もりを取りましょう。

 

一括見積もりは、安く引越しがしたい方に便利なサービスです。
ぜひご活用くださいね!

 

家財宅急便

 

家財宅急便は運びたい家財を梱包して、丁寧に運んでくれます。
引越し業者はさらに、物件を傷つけないように床や壁を保護しながら作業をしてくれます。

 

似たサービスですが、運びたいものが複数ある時は、引越し業者がオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

 

ピアノの引越し

 

家財ピアノ運ぶ

 

ピアノを運ぶは普通の宅配業者や引越し業者では扱っていません。
ピアノやエレクトーンは重さが100kg近いものも多く何十万円もする高級な楽器なので、宅配業者は運べませんし小さな引越し業者は扱うのを敬遠します。
運搬途中に万が一破損した場合に、補償ができません。

 

ピアノの運搬はピアノの運搬専用会社が行ってくれます。
しかし引越し業者とは別にわざわざ連絡しなければなりませんし、費用も当然高額になります。
ピアノは1人では運べませんので、何人かで運ばなければならないからです。

 

しかし最近はオプションとして、引越し業者の中にもピアノの運送を行っている会社もあります。
この場合でもピアノ専門のスタッフが運びますので安心です。

 

ピアノは大きくて思いですので運び出すのに一番いい場所を訪問見積もりの際にシュミレーションしてくれます。
大きさ的に廊下や玄関を通らない場合は、ベランダから吊り上げて運び出されます。
一度確認しておいてもらうことで、当日の作業がスムーズに行うことが出来ます。

 

ピアノは重いですから、自分で後で場所を変えたいなんて思っても簡単に移動出来ません。
新居のどこに置くのかあらかじめ考えておき、下にカーペットを敷きたいのであれば前もってやっておきましょう。
引越し業者でも希望があれば調律までしてくれるので、疑問があれば契約前に何でも聞いて確認しておきましょう。

 

 

人形の引越し

 

家財ピアノ運ぶ

 

日本人は案外多くの人形を持ってます。
日本人形・ひな人形・五月人形・リカちゃん・ポポちゃん・メルちゃん・ぬいぐるみ・繊細なフィギュアなどなど・・・。
老若男女、人形好きと言えましょう。

 

しかし、日本の人形は繊細でよく出来ていますので処分したいと思ってもごみ袋にそのまま入れるのは抵抗が強くありませんか?

 

そこで日本では人形供養という風習があり、神社やお寺に費用を払って供養、お焚き上げという作業を行います。
しかしお焚き上げはいつでもできるわけではありませんので、日程を確認して連絡しましょう。

 

時間がなくて自分で処分する場合は、手を合わせて塩をまいて外から見えないように何かに包みましょう。
ゴミを回収される方が人形と顔が合うと驚いてしまうので、必ず見えないように包んでから捨てましょう。

 

人形を新居に持って行く際は、大事な人形は緩衝剤でしっかり巻いて保護してくださいね。
ダンボールは外からでは何が入っているかわかりません。引越し作業中は忙しいためダンボールをドンドン積み上げます。

 

最近のフィギュアは繊細で高額な商品も多いので、どうしても心配であれば貴重なものは自分で運びましょう。

 

ひな人形やさつき人形の中には大きなガラスケースに入っているものがあります。
これらは引越しの時はかなり気をつけて運ばなければなりません。
中にタオルをつめて隙間を埋める、分かりやすいように他のダンボールとは別にしておくなどの配慮をしておきましょう。

 

 

ペットの引越し

 

ペットの引越し

 

最近はペットブームで、犬や猫を飼っている人がとても多くなりましたね。

 

引越しの際にペットも運ばなければなりませんが、引越し業者のトラックでペットを運搬することは出来ません。

 

近距離であればゲージに入れて自家用車で移動することができますが、遠距離になるとそういうわけにもいきません。
ペットを遠距離搬送しなければならない場合は、自家用車で連れて行くか公共の交通機関で移動するか、ペット運送専門業者に依頼する必要があります。

 

近距離に引越しでも引越し当日は、実家や友人に預かってもらうかペットホテルを利用したほうが安全です。

 

当日の引越し作業は時間との戦いで引越し業者も余裕がないため、ペットが現場にいるととても危険です。
足元はしっかり見えませんので、ペットの安全を考えるなら引越し当日は現住所にも新居にもペットを置かないほうがいいです。

 

ペットも引越しの際はストレスを強く感じます。
慣れない新居にゲージに長時間入れられると体調が悪くなることも考えられますので、ペットの預け先を考えておいてくださいね。

 

 

 

家電運搬